合宿で免許取得

教習所合宿免許を利用する一つのメリットとしては、やはり短期間で運転免許の取得を目指すことができるということです。学生の中でも部活やバイトなどの生活の中で運転免許を取得するために費やす時間を捻出するというのは大変ですし、社会人になってからの取得は勤務先の実働時間などもあり更に時間を作ることが課題になります。

通常、実家から通いながら免許を取得すると数ヶ月の期間が必要になりますが、合宿免許のプランを利用すると、普通マニュアル車で最短3週間ほど、オートマ車で約2週間ほどとかなり期間を短くすることが望めます。また、自宅から通うのに比べて合宿免許では宿泊の手配や食事の用意などが必要になるのでは?と不安に思う人がいるかもしれませんが、多くの合宿免許のプランはこういった宿泊費や食費なども含めセットになっている場合が多くあります。そのため、かかる手続きも最小限にまとめることが可能です。しかもこうした費用が含まれているにも関わらず、実家から通う費用と比べても同じくらいの金額で取得することができるのです。

普通自動車MTでは、教習所に通った場合は卒業までに平均で1〜3ヶ月程度かかりますが、合宿免許では最短14日で卒業できます。教習料金についても、宿泊費や食費が含まれているにも関わらず教習所に通うのと同じ程度かより安いプランも豊富にあります。

そして、合宿免許のプランでは、自宅から通っての免許取得には味わえないもう一つの醍醐味があります。それは、気分転換になることです。自宅を離れ、宿泊施設を利用していつもと違った環境での生活はちょっとした旅行気分になります。合宿というと勉強漬けのイメージを持つ人もいますが、空いた時間の過ごし方は自由なところも多いため、よい気分転換に繋がります。

免許取得の方法

教習本運転免許の取得を目指す場合は、まず自分が取得したい免許の種類を決めます。そして、通う指定自動車教習所を選びます。指定自動車教習所とは、公安委員会が決めた基準にしたがって運営している自動車教習所のことです。ところによっては指定されていない場合もありますので、通学前に必ず確認すると良いです。

この指定自動車教習所での学習のスタイルとして、自宅から通学してカリキュラムに取り組むか、合宿プランを利用してより短期間に集中して取得するかという二つを選ぶことができます。自宅近くに教習所があり、直接通学しながら免許取得を目指す人は通学のスタイルを、自宅周辺に教習所がなく遠方に行かなくてはならない人や、どうしても数か月にわたって時間を工面することが出来ず、出来るだけ最短で運転免許を取得したいと考える人は合宿プランの利用を選ぶ人が多くいます。それぞれにメリットもデメリットもあるため、より自分の生活に合った、希望に近いスタイルを選ぶことで無理なく免許取得を目指すことができます。

合宿プランを利用することで短期間に集中して取得できますが、実際に行う学習の内容には違いがなく、第1段階では基本となる知識や敷地内での技術練習を、第2段階ではより高度な知識や実際に行動を走行しての技術練習を行います。

免許は自動車教習所探しから

車現代、日本だけではなく世界を見ても普及している交通手段の一つである自動車ですが、実際に運転するためには運転免許を取得する必要があります。免許を取得するために通う自動車教習所ですが、多くの人は普通免許の取得のために一度しか通わないということが多いため、知人に尋ねてもなかなかどこの教習所が良いのかといった比較は難しいのが現状です。

通う教習所を自分の中では決められず、また複数の教習所候補がある場合は、普通車の免許だけではなく、二輪や大型など複数の免許を持ち、またそれぞれ別の教習所を利用したことがあるという人に尋ねることで、経験を比較した上でのアドバイスを貰えます。また、自分に合う教習のスタイルによっても、通う教習所のベストが変わるため、注意が必要です。例えば、学生で時間の都合がつけやすいが金銭的にできるだけ安く抑えたいという人と、社会人で仕事をする上でできるだけ早く免許を取得しなければならない人、日中は仕事などで時間が作れず、夜間や土日にしか教習を受けられない人など様々なため、それぞれベストなスタイルは異なります。

また、安いからと選択した教習所が公安委員会が指定した指定自動車教習所ではなく届出の未公認校だった場合、指定自動車教習所を卒業した場合に免除される運転免許試験場での実技試験が免除にならず、厳しい試験を受けることになった、という場合もあるため、選択した教習所が指定自動車教習所であるかを確認することでより免許取得の可能性が高まります

免許取得までの道のり

免許証運転免許の取得を志した場合、まずは取得を希望する免許の種類を決めることから始まります。というのも、取得する免許の内容によってかかる時間や費用なども変わってくるためです。そうして選んだ免許の取得ができる教習所や自動車学校を選んだら、入校の手続きを踏み、まずは適性検査を受けます。これは、実際のカリキュラムの中でも注意力など気を付けたいポイントとして活用されます。適性検査を終えるとまずは仮免許取得前の第1段階の学科・技能教習に移ります。これらを全てクリアし、漸く仮免許取得のための試験を受けることが出来ます。こうして仮免許を取得した後、実際に路上教習など第2段階の学科・技能教習を経て、自動車学校を卒業するための試験を受けることが出来ます。こうして交付された卒業証明書を持ち、今度は公安や免許センターで用意されている運転免許の取得のための試験を受け、それに合格して初めて手元に運転免許証が発行されます。

学科に関しては、マニュアル車・オートマ車で費やす時間も異なり、また、予め原動機付自転車免許などを取得している場合、一部を免除されたりと個人によってかかる時間は異なりますが、大まかな流れは以上になります。