免許取得までの道のり

免許証運転免許の取得を志した場合、まずは取得を希望する免許の種類を決めることから始まります。というのも、取得する免許の内容によってかかる時間や費用なども変わってくるためです。そうして選んだ免許の取得ができる教習所や自動車学校を選んだら、入校の手続きを踏み、まずは適性検査を受けます。これは、実際のカリキュラムの中でも注意力など気を付けたいポイントとして活用されます。適性検査を終えるとまずは仮免許取得前の第1段階の学科・技能教習に移ります。これらを全てクリアし、漸く仮免許取得のための試験を受けることが出来ます。こうして仮免許を取得した後、実際に路上教習など第2段階の学科・技能教習を経て、自動車学校を卒業するための試験を受けることが出来ます。こうして交付された卒業証明書を持ち、今度は公安や免許センターで用意されている運転免許の取得のための試験を受け、それに合格して初めて手元に運転免許証が発行されます。

学科に関しては、マニュアル車・オートマ車で費やす時間も異なり、また、予め原動機付自転車免許などを取得している場合、一部を免除されたりと個人によってかかる時間は異なりますが、大まかな流れは以上になります。